さまざまな肉料理を楽しもう

MENU

焼肉の歴史や現在の焼肉について

焼肉は、牛や豚などの肉を焼いた物を指します。
また肉や内臓にたれで味付けする場合も多く、直火で焼きながら食べます。
焼肉は、肉を焼いた料理全般と肉や内臓を焼きながら食べる行為を指します。
明治時代には、西洋のバーベキューの訳語として焼肉と言う語が使われていました。
昭和初期には、海外の料理として焼肉が紹介されています。
現在では、多くの焼肉店があります。
一般的に焼肉店は、利用者からもステーキ店などとは区別されている事が多いです。
また、鉄板で焼く鉄板焼きや串刺しにし串焼で提供される焼き鳥などもあります。

 

明治初期には牛肉の需要も拡大していき、
商社が牛肉販売の経営をするに至ったとされています。
しかしその時代の牛肉は、
認知度や価格のせいで農村部や庶民にとっては馴染みがまだまだ薄い食材でした。
牛肉を普及させたのは、軍隊や徴兵制度であったと言われています。
軍隊では、積極的に西洋の食事が取り入れられていました。
しかし、ホルモン劣化が激しく、
冷凍技術が存在しない当時に遠方まで流通する事はなかったです。
その為、ホルモンは加工場の周辺でのみ流通していました。
牛肉の消費量が増えたのは、1960年代なかばからと言われています。
それは、輸入牛の増加などが増えた事も影響しているとされています。
また、焼肉もこの頃から広く知られていきました。
また、ハンバーグやカレー、シチューなどの煮込み料理も一般的に普及していきました。
現在の日本では、家庭やお店などでも焼肉は大変に一般的な食事となっています。
また、家族での外食やデート、友人同士などさまざまな方が焼肉店を利用しています。
最近では、おひとりで焼肉店に行く方も増加しています。

肉も魚も楽しめる、茜屋 〜AKANEYA〜 渋谷店

牛肉を美味しく食べる為の知識

牛肉には、各部位にそれぞれ特徴があります。
焼肉店でも、さまざまな部位を扱うお店が増加しています。
また、各部位ごとにその取り扱い方にも違いがあります。
それは、取り扱い方によっても、各部位の美味しさに違いがでてくるからです。
焼肉用の肉を購入する際のポイントは、鮮やかな赤色をした新鮮な肉を選ぶ事です。
また、鮮度が良い内に食べきるのが大切なポイン卜になります。
焼く際には、厚切肉の場合は強火で
表面をこんがり焼き肉汁を閉じ込めながらレアで仕上げます。
しかし、薄切肉の場合は表面をこんがり焼くと焼き過ぎてしまいますので注意しましょう。

 

タンは舌で、下ゆでされて皮をむき薄切りにしてあります。
焼肉ではレモンやネギなどとともに食べ、あっさりとした風味が楽しめます。
また、 じっくり煮込むと柔らかくなるのでタンシチューなどでも楽しまれています。
ハラミはサガリとも呼ばれており、横隔膜の一部で柔らかく脂肪も多いのが特徴です。
安くて美味しい部位なので人気があります。
サガリも横隔膜の一部で、ハラミよりも肋骨に近い部位です。
肉質は、適度に脂肪が入った柔らかい赤身です。
ロースは背側の筋肉部分にあたる肉で、ローストに適している事からロースとして呼ばれています。
ロースは脂が少なく柔らかな食感が特徴の部位で、ステーキやしゃぶしゃぶ、
すき焼き、ロースト、カツなどの使用が良いでしょう。
バラはアバラ骨についた肉の事で、部位ごとにさまざまな呼び名があります。
ロッ骨の外側の肩バラや腹の内側のともバラがあり、
三枚肉やカルビとも呼ばれています。
調理方法は、焼き肉や煮込料理、炒め料理などに最適です。
 

更新履歴