タッカルビとチーズタッカルビ

MENU

タッカルビとチーズタッカルビ

カルビは食べた事があっても、タッカルビは食べた事がないという人もいるかもしれません。
タッカルビが何かよく知らないという人のために、タッカルビについて紹介します。

 

タッカルビとは、韓国料理の一種で、「タッ」が鶏を表し、「カルビ」があばら骨を現します。
そのため、骨まわりの肉を食べる鶏料理の事です。
タッカルビが人気の理由は、鶏肉なので、豚肉や牛肉と比べると低カロリーで高タンパク質です。

 

それにタッカルビは、鶏肉にニンジンやタマネギなどの野菜も一緒に焼くので、野菜も摂取出来てバランスのいい食事だと言えます。
食べる順番としては、先に野菜を食べてから、タッカルビを食べると太りにくくなります。
コチュジャンベースの甘辛いタレがクセになる美味しさです。

 

あと、そのタレを使用して〆に麺やご飯を入れて鉄板の上で炒めてくれるお店もあります。
麺やご飯以外にも、韓国料理らしくトッポギを入れるのもオススメです。

 

 

 

 

最近はタッカルビに、チーズを絡めて食べるチーズタッカルビも非常に人気があります。
甘辛いタレとの相性がよく、濃厚でトロトロのチーズと絡めて食べるのは最高だと言えます。

 

もともとYouTubeやSNSでチーズタッカルビの動画が配信された事で、若い女性を中心に人気に火がついたと言われています。
人気がありすぎて、大久保近辺のチーズタッカルビが食べられるお店は行列が出来ています。
ただし、タッカルビは、鶏肉なので低カロリーでヘルシーと紹介しましたが、チーズタッカルビに関してはチーズの分高カロリーになってしまいます。