もつ鍋・もつ煮込みについて

MENU

もつ鍋・もつ煮込みについて

もつ鍋は、ホルモン鍋とも呼ばれています。
もつ鍋は、牛や豚の内臓を主な材料とした鍋料理の事です。
福岡県の郷土料理として知られており、
福岡では第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものから始まったとされています。
その後、全国的に流行していきました。
もつ鍋は、リーズナブルなのにボリュームがある上、お酒にもよく合うので人気です。
また、1992年には新語・流行語大賞の銅賞を受賞するほどにブームになりました。
現在では、一般家庭でも定着しており、おとりよせなどでも人気が高まっています。
もつ鍋はお酒ともよく合いますし、栄養価も高い鍋として知られています。
その為、現在では日本全国で食べられる事が多い鍋料理のひとつとなりました。
しかし、もつのお肉の下処理は大変なので、専用のお肉を購入してもつ鍋をされる方が多いです。

 

もつ煮は、牛、豚、鶏、馬などの獣の内臓を煮込んだ料理の総称です。
もつ煮込みと呼ばれる事もあり、煮込みと呼ぶ店もあります。
各地方によっても、呼び名や味付け、使用されるもつには違いが存在します。
各地方によって、現在もさまざまなもつ煮込みが伝えられています。
お酒のおつまみとして、各地域のもつ煮込みを食べ比べるのも楽しいでしょう。

 

もつ鍋店やもつ煮のおいしいお店を探すには、ホームページやグルメサイトなどを利用して探しましょう。
 
各ウエブサイトには、料理や店内の画像がのっている事が多いので参考になります。
また、事前に口コミや価格などをチェックするのにも便利です。
自分にぴったりなお店を探してみましょう。