中華料理の焼肉について

MENU

中華料理の焼肉について

日本人は焼肉が大好きで、焼肉店も数多く存在します。
そして韓国にも日本の焼肉とは少し異なりますが、サムギョプサルという焼肉料理が人気があります。

 

では、日本や韓国では焼肉が人気なのに、中国料理ではあまり焼肉という言葉を見かける事がありません。
これはなぜなのでしょうか?

 

まず中国語に焼肉という言葉は存在し、シャオロウと発音します。
しかし、これは日本人が焼肉と聞いてイメージする焼肉とは、大きく異なります。

 

まず日本では焼肉と言えば牛肉が主流ですが、中国では焼肉とは豚の事です。
なぜかというと、肉という漢字を単体で表すと、豚肉の事を意味し、牛肉と鶏肉はそれぞれ牛肉、鶏肉と表記されます。

 

そして焼肉の「焼」という漢字も焼くという意味では使用されていません。
中華料理の場合は、焼くとは煮込んだ後に油で揚げる料理、もしくは油で揚げた後に味付けで煮込んだ料理の事を意味します。

 

そして焼く料理の場合は、「?」という漢字を使用します。
つまり、日本語と中国語とでは同じ漢字を使っていても、その意味が違う場合があるため、メニューを見る際に注意が必要です。

 

そのため中華料理で、焼肉という料理は存在します。
しかしそれは、牛肉を焼き、タレをつけて食べる料理とは全く別物です。

 

豚肉を油で揚げた後、ジャガイモや山菜と一緒に煮込んだ料理が焼肉で、地方によって具や味付けは異なります。
家庭料理で、日本だと豚の角煮に似ています。
なので、日本の焼肉に似た料理を中華料理で食べたい場合は、注文するのは「?牛肉」という料理になります。

 

渋谷のイタリアンで食べる肉料理も美味しいので試してみてください。