麻婆豆腐と赤ワイン

MENU

麻婆豆腐と赤ワイン

麻婆豆腐は、中華料理の中でも四川料理に分類されます。
挽肉と豆腐を使った料理で、日本でも定番の中華料理だと言えるでしょう。

 

四川料理は、中華料理の中でも辛い料理が多く、本場の麻婆豆腐には唐辛子と花椒の痺れる辛さが特徴的です。
日本では、あまり辛すぎる料理は好まれないため、日本人の舌に合うようにアレンジされ、辛さは控えめになっています。

 

麻婆豆腐の歴史は1874年に、有り合わせの材料で労働者に向けて作られたとく記録が残されています。
長い歴史を誇る中華料理の中では、比較的新しい中華料理だと言えるでしょう。

 

なぜ麻婆豆腐と呼ばれるようになったのかというと、最初に麻婆豆腐を作った女性の顔にアバタがあったためだと言われています。
そしてその女性の作る麻婆豆腐の美味しさが評判になり、一気に広まりました。

 

麻婆豆腐は、油脂を使って調理します。
この大豆と油脂の組み合わせは、抗酸化作用を高める効果があります。

 

しかも、調味料である唐辛子、長ネギ、しょうが、にんにくにも抗酸化作用をアップさせる働きがあります。
そのため美容や健康に非常にいい料理だと言えるでしょう。

 

では麻婆豆腐に合うお酒とは、どのようなお酒なのでしょうか?
麻婆豆腐が辛いため、辛い料理には、適度な果実の甘さが残る赤ワインとの相性は抜群です。

 

赤ワイン=肉料理という印象が強いかもしれませんが、赤ワインにはスパイシーな辛味の合う料理にも合うと覚えておきましょう。
また赤ワイン以外にも、辛い料理には、日本酒とも相性がいいので、ぜひ試しに飲んでみて下さい。

 

お肉料理が美味しい居酒屋ならこちら