ジビエブームの理由について

MENU

ジビエブームの理由について

お肉料理と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉が定番ですよね。
ちょっと珍しいところで、羊のラム肉や、鴨肉を食べる事もあるかもしれません。
ですが、ラム肉や鴨肉よりも、さらに珍しいお肉が堪能できるのが、ジビエ料理です。

 

そして最近はジビエ料理のブームにより、ジビエ料理を取り扱っている飲食店が増えています。
ジビエって何?という人もいるかもしれません。
ジビエとは、狩猟によって捕獲された野生の鳥獣の食肉の事です。
野生の鳥獣と言われてもピンとこないかもしれませんが、鹿、クマ、イノシシ、ウサギ、キジ、ウズラなどの事です。

 

なぜジビエがブームになったのかというと、従来は猟師の知り合いに譲ってもらうぐらいしか流通手段がありませんでした。
ですが、獣肉処理施設の数が増え、流通経路が広がり、飲食店でも取り扱いしやすくなった事が影響しています。

 

またジビエは野生動物の肉なので、脂肪分が少なく、赤身肉が多いので、ヘルシーなお肉だと女性からも注目されています。
上質な赤身肉は、旨みと食べ応えも十分で、また初めて食べる味にハマってしまうという人も多いのです。
栄養価も高く、鹿肉には、鉄分やミネラルも豊富に含まれていますし、イノシシ肉には、コレステロールが溜まりにくい成分が含まれます。
野生肉は、硬そう、ニオイが気になりそうと思う人もいるかもしれません。
ですが、適切に処理をして、熟成された野生肉は、柔らかく、臭みも全くありません。

 

従来のジビエ料理店と言えば、フレンチが一般的で、敷居が高く感じていた人もいたかもしれません。
ですが、ジビエブームにより、鹿肉を使ったハンバーガーを筆頭に、ラーメン、コロッケ、カレーなど、気軽にジビエを食せるお店が増えました。