立ち食いステーキが人気の理由

MENU

立ち食いステーキが人気の理由

従来の考え方であれば、高額なステーキは、ゆっくりと落ち着いた空間で食べたいという人が多かったのではないでしょうか?
しかしここ数年で、立ち食いステーキが注目を集め、首都圏を中心に店舗数を増やしています。

 

ではなぜ、立ち食いステーキが注目を集めるようになったのでしょうか?
まずステーキを立ち食いにする事で、短い待ち時間で手軽にステーキを食べる事が可能になりました。
しかも立ち食いにする事で、回転率が大幅にアップし、入店客数も大幅にアップします。
その結果、ステーキの料金を下げても、お店は利益を出す事が出来るようになります。

 

つまり客は、安くてランクの低いお肉を安く食べているのではなく、ランクの高いお肉を安く食べる事が可能です。
従来のステーキ屋と差別化を行った事で、人気を集める事になったと言えるでしょう。

 

ちなみに、立ち食いステーキでは、その仕組みについても、拘り少ない従業員でお店を回せる仕組みが成立しています。
その仕組みとは、扱い食材を徹底的に絞り込む事で、調理工程が簡素化し、廃棄ロスも減少しています。
そして調理工程が簡素化した事により、待ち時間が短く、お肉をカットして焼いて提供するまでにかかる時間はわずか5分程度です。

 

また立ち食いステーキは、立ち食いである事と、ステーキ屋である事で、女性客は少ないというイメージがあるかもしれません。
しかし実際には全体の30%以上は、女性客が占めています。
その理由はというと、立ち食いステーキは、焼肉店などと異なり、女性が1人でも入りやすいためです。

 

立ち食いという性質上、長時間店内に留まる客は少なく、1人で来店する人が圧倒的に多いため、人目も気になりません。人目を気にせずに、女性が1人で入れるお店は、案外少ないものです。
なので、仕事が成功した時や頑張った時に自分へのご褒美として、ワインとステーキを食べるために女性も多く訪れています。