焼き鳥のマナーや焼き鳥店の探し方

MENU

焼き鳥のマナーや焼き鳥店の探し方

焼き鳥は、最初立ちながら食べるスナックとして庶民たちによって広まっていったとされています。
また焼き鳥は、最初持ち帰るスタイルが主流でした。
現在では、焼き鳥を店内でお酒と楽しむお店が主流となっています。
また、居酒屋などのおつまみとしても、焼き鳥は人気の上位に入るおつまみとなっています。
それぞれの方で、好みの部位やたれ、塩などの好みも違いがあります。
種類が多いので、希少部位を探して焼き鳥店を巡るのも楽しいでしょう。

 

焼き鳥を食べる際のマナーでは、焼き鳥は串に刺したままを食べるのがよいとされています。
居酒屋などでも、いきなり肉を串からはずすのは避けたほうが良いでしょう。
大人数の飲み会などでは、1本食べるのを気にする方もいます。
しかし、串から鶏肉をはずすのは、
気を利かせているのではなく美味しく食べるためのマナー違反になる場合が多い事を理解しておきましょう。
焼き鳥は、ぜひ串を手にしてそのまま食べましょう。
しかし、串にささった一つ目や二つ目の鶏肉は食べやすいですが、
中央付近の鶏肉を食べる際にこまる女性は多いです。
その際は、箸などを使い鳥肉を串の先に移動させて食べましょう。
また、串を横にしながら、すっと鶏肉を引きながら食べるのも良いでしょう。

 

焼き鳥を探すには、ホームページや店の紹介サイトなどを利用します。
各ウエブサイトには、焼き鳥や他の料理の写真、店内の画像がのっている事も多いです。
また、事前に焼き鳥の写真を確認する事で、焼き鳥の使用部位などをチェックする事もできます。