焼き鳥をさらにおいしく楽しむ為には

MENU

焼き鳥をさらにおいしく楽しむ為には

 
焼き鳥の塩派とタレ派の好みは、人それぞれ違いがあります。
焼き鳥を頻繁に食べる方の約6割は塩派で、タレ派が4割程度と言われています。
また、地域によっても塩派とタレ派が分かれ、北海道や東北では塩派が多いと言われています。

 

タレ派の人は、昔から慣れ親しんだ味である事や、甘辛い味が好きな方が多いです。
また、焼き鳥のタレは店によっても味が違うので、
タレが美味しい店はその他の焼き鳥もおいしいと言われています。
また、匂いが苦手な方の多いレバーなどは
たれで食べると臭みが気にならずに美味しいと言う方が多いです。
塩派の方は、鶏肉などの素材本来のおいしさを味わいたい方や
タレの甘さが苦手な方が多いです。
塩は素材の味を最大限に引き出すので、
焼き鳥の部位ごとの味を楽しむのには最適な味付けでしょう。
また、店の雰囲気やその日の気分で塩かタレを決める方も多いです。
皮や軟骨は塩、モモや胸肉はタレなどと部位によって食べ分ける方も存在します。

 

焼き鳥で人気の部位は、ねぎま、皮、砂肝、つくね、軟骨などになります。
ご自身の好きな部位を、塩とタレで食べ比べてみましょう。
さまざまな焼き鳥店を食べ比べるのも楽しいです。
また、焼き鳥に最も合う飲み物ではビールを選ぶ方が多いです。
また、焼酎、日本酒、ウイスキーなども飲まれています。
また、たれや塩によってお酒を飲み分ける方も多いです。
また最近では、ワインと焼き鳥を楽しむ方も増加しています。
ワインを選ぶ際には、焼き鳥の肉の色や調味料の色に合わせてワインを選ぶと良いとされています。